春テーマ

2017年3月17日 (金)

春の虫ゲーム Hive

Dsc02624
春に一度は出てくる虫のゲームHiveです。
後、秋にも出してます、Spiderが入ってるから。
チェスができない低学年さんにもこのゲームは
できる事が多いです。

シンプル、だけど、とっても考えさせてくれる。
あえて、こうしろと言わずに、じっくり見守ってあげたい。

step onより、get onが良いかもなあ。。。


Dsc02625
手触りひんやり、カチカチといい音がします。
たまに虫がダメという子もいますが、
そうなの?って、まともに取り合うと
余計に恐怖が増幅されている様子。
ネガティブ発言は無視した方が良い場合もあります。
ただの絵ですから。




ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


2017年3月 9日 (木)

春はハーブを学ぶ、Wildcraftから

田んぼにオオイヌノフグリの
可愛らしい青がちらほら見えるようになりました。
ん?今年はホトケノザが見えないなあ。。。
農薬の関係なのかしら?

教室では、このゲームが出ると、
春が来たなあと思います。
Dsc02615
HちゃんとAちゃんは去年1回やっただけですが、
今年は覚えているのがありましたよ、なんと!
「sniffles!鼻水が止まらない〜」
「cattailじゃ止まらんしな〜」
Dsc02614
「Elderでろ〜」

治ったら、I'm cured.を言います。

覚えられない子には、「ねえ、プリキュアって知ってる?」
「え?プリキュアってそういう意味?」
「さあ、それは知らないんだけど〜、えへっ」

やってるうちにだんだんハーブの効能を覚えている自分がいる。

このゲームは、おばあちゃんがハックルベリーパイを
作ってあげるから、ハックルベリーの実を取りに行って来てっていう
お使いゲームです。本来は長時間ゲームですが、

レッスンではそれも困るので、結構高い確率で
ゲームオーバーになるように仕向けています。
子供達は知らないので、
「おばあちゃん、ひどいよ〜」って言うんですけど、
本当は先生がひどいんです、ウッシッシ。




ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2016年3月11日 (金)

Hive 虫のチェスみたいなゲーム

Dsc01799
さて、春のbugs songと合わせて、
Hive 虫のチェスみたいなゲームです。
麻雀パイの様な手触りが高級感あります。

Dsc01800
相手の駒を取るという動作は無いのですが、
この様に、「相手のQueen beeを取り囲む」
という結果でゲームに勝利することができます。
パッケージには20分ゲームと書いてありますが、
いやいや、5分で終わることも、あります。


虫嫌いな子も
はじめこそ、「虫嫌や」とか言ってますが、
1勝負がつくと、
「えー、ちょっ、もう一回させて!」と言います。

初めてなら、bugsの名前だけ、
経験年数に合わせて、
I put my spider here.
My spider walks 3 steps, 1,2,3.
I'm going to put my beetle on your queen bee.
など、その虫の動きに合わせて、いろんな発話ができます。

Dsc01801
駒は1人11個、
エクスパンジョンとして、
Ladybugとmosquitoがあります。
Dsc01802

Hiveというタイトルですから、
サイレントeのワークシートと一緒にしてもいいですね。
Dsc01798




ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2016年3月10日 (木)

春のソングとゲーム genkienglishさん

Dsc01791
毎春お世話になっている、
元気イングリッシュのソングとゲームです。

レッスンスタートすぐの子でも単語だけでゲームができ、
前置詞を導入した子や、
ある程度の長さの発話が苦にならなくなった子も
Look in the trees. 
Look in the pond.
元気に練習することができます。

Dsc01792
dominoesも、本当に便利な
簡単ゲームですが、リチャードさんがこれを
作っておられなかったら、自分ではできないし、
やっぱり毎度毎度、感謝でいっぱいです。

Dsc01793
春はもう一つ、
虫のソングとゲームもやります。

Dsc01794
こちらも、元気イングリッシュです。
もちろんドミノとセットで。

アプリでbugsの名前を覚えているか、
確認したのですが、定着してないのもあり、
一番ショックなのは、spiderで間違っているケースですかね。
なんで?あんなにハロウィンでも出たのに〜。

そんな訳で、
この春は、bugsの新ゲーム出ました。
なかなかに渋く、中学年から中学生までヒットの予感です!
次回の記事で。





ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2016年3月 4日 (金)

Lotti Karroti にんじん山のうさぎレース

Dsc01778
今日はまた春らしい日で、
このゲームがぴったりでした。

金曜日はドラえもんとクレヨンしんちゃんが
あるかどうかで盛りあがる、
小1と小2男の子二人です。

まだ3月ですが、今日から新しいワークブックになり、
早くも、新しい気持ちになれた2人。

書けなかったabcdが書け、読めなかった色や単語が読め、
「こんなの簡単、すぐできる!」

そう?よかった、よかった。
またじわじわっと難しくなってくるので、
楽しく乗り越えて行こうね。

Dsc01777
カードをめくると、自分のrabbitさんがいくつ進めるかが描かれています。
1,2,3まであります。

Dsc01775
Carrotカードが出ると、てっぺんのキャロットを回します。
I click the carrot.

Dsc01776
すると、所々に穴があるので、場合によっては自分のrabbitさんが
落ちてしまいます。
My rabbit fell.
Your rabbit fell.👈言い方によってはヤな感じです、笑。
練習になるし、そこも含めて笑ってくれているので良いかと。





ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2016年3月 1日 (火)

北米のハーブ Wildcraft 

Dsc01749
子供向けの協力型ゲームなんて、
ゆるいものだろうと思っていました。
しかし、中2女子とやって、
そのおそろしさを思い知った、
wildcraftボードゲームです。

「ヒーッ!I got a bee sting!」
「I'm sorry but I don't have any rainbow cards!」
「あ!流された!」
「じゃ、ゲームオーバーってことで。」
「ええっ!!」

そうなんです、rainbowが描いてある、
Cooperation cardがないと、
相手を助けられないんです。
超シビア!

Dsc01744
今日は小1、2年の女の子ともやりましたが、
やっぱり一人が川に流されてゲームオーバー。
でも、道中は、「大丈夫、絶対私が助けてあげるから!」
ものすごい正義感でワイワイプレイしてくれました。

Dsc01748
何度か同じカードが出ると、
「あ!あれで治る!」と、ピンとくるものですねえ。
「I am cured!やった!」


Dsc01751
こちら小6女子は、2回もハチに刺され、
2回もトゲが刺さり、おまけに歯も痛くなって、
でも、
「治さなくてもいいもん、
川で流されるよりマシ!」
なんて言ってましたが、ゴール前でせっせと
治療に専念していました、笑。

子供たちから湧き上がって来た疑問は、
「塗るの?」「飲むの?」
「ね、どうなんだろう?
図書館で調べてみて〜」
と宿題になりました。




ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2016年2月 9日 (火)

Wildcraft 野草を学ぶゲーム

Dsc01695
まだ2月ですが、春のゲームのご紹介です。
この辺りは田んぼや山があり、自然は近いのですが、
だからといってみんなが山や森で遊んでいるわけではありません。
植物や昆虫に詳しい子はお家の畑や家庭菜園を持っている子だったりします。

私もどちらかというと田舎育ちなんですが、
得に知識はありません。

ある日、生徒のAちゃんがお庭に来た蜂を
パパが殺虫剤で殺してしまった
という話しがきっかけで、

「そりゃあ、パパはAちゃんが刺されたらどうしようって、
心配だったんだねえ。
でも、アシナガバチっていう、
足がバレリーナみたいにテロって垂れてる蜂さんは
とっても優しいから、何もしなければ、刺したりしないんだけどねえ。」

何気なく話した事がきっかけで、
Aちゃんはどんどん虫や雑草の話しを
私としてくれるようになり、
私も図鑑を買ったり、趣味が高じて、このゲームに至りました。

北アメリカのゲームなので、
日本の植物とは違うところがまた面白いかなと。

Dsc01698
ヒッピーテイストですよね。絵がとっても綺麗!

Dsc01699
ハーブの効用を学べます。

Dsc01700
それと、カードを包んであったシュリンクを取ったら、
このゴムでまとめてね、ってちゃんとゴムなんかも入ってて、
こんなの見た事ないわ〜、
細やかな心使いですよね。

あ!しまった、すごろくボードの画像を取り込むのを忘れてます。
それはまた次回に。





ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村