« 今だ!食べろー! | トップページ | 夢のような2週間が過ぎ。。。 »

2017年9月21日 (木)

Rowboat ゲーム、 ofの使い方がわかるゲーム

Dsc02933
こちらのゲーム、トリックテイキングと言われるルールで、
トランプのブリッジとかとほぼ同じルールだそうです。

カードも綺麗でなかなか大人っぽく
推奨13歳以上ですが、4年生の女の子だと、理解してできます。

導入するまで気がつかなかったのですが、
これって、ofの使い方がすごく理解できる!

Dsc02936
例えば、オールのマークだと、
アンカーから9までと、
Dsc02937
ドルフィン、マーメイド、シーカー(冒険者)、クジラまで
13枚のカードがあります。
より強いカードを出し合って、勝った人が相手のカードを
取ります。

最後に勝った回数を
How many times did you win?
I won 〜〜times.などとできます。

「オールの9」という時、
13枚もオールがあって、その中からポコッと1枚、例えば
9を持ってくるから、
「nine of oars」

ofの後ろにでっかいグループね。
ofの前にぽこっと取り出した数字や、ものを言ってね。

もちろんトランプでも同じことが教えられますよね。


Dsc02943
スパイスとして、スペシャルカードがあったり、

Dsc02945
カードの強さが一目でわかる早見表も付いています。(カードサイズ)

youtubeではゲームのやり方、ゲームのやり方

ゲームを作った人のゲーム説明もあります。
作った人のゲーム説明 Gen Con
なんかこの様子が、
知的なバーテンダーと軍人さんって感じで魅力的です。




ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


« 今だ!食べろー! | トップページ | 夢のような2週間が過ぎ。。。 »

コメント

こりゃまたきれいなカードですね~。
本当にゲームを見つけてくるのが上手~。

スペシャルカードの強さがなぜその順?も知りたいわ~。
こちらはカードのマークもいろいろあるということですね?

トランプの基本ルールを使うゲームはたのしいし、
子どもたちの理解も早いですね。

Tamirinさん、私、ブリッジを知らなかったんで、導入までに時間がかかっちゃいましたよ〜。あ〜また夏過ぎた〜みたいな。

絵カードの強さはアルファベット順となっており、
スペシャルカードは、どんな時でも勝てるrowboartカード、相手の手札を1分見れるlighthouseカード、moonカードはtide(場に出すカード数)をコントロールできるとなっております〜。

カードがあまりに綺麗なので、取り合って破りそうな中学年男子に出すのが躊躇されます、笑。
中学生さんとか、「好きになった、また定期テスト終わったら、絶対やろな!」って言ってました。どのゲームでも喜ばれて、発話の役に立つと、安い買い物になりますね。

たしかに、of の感覚を理解するのは難しいですよね
それがゲームで身につけば最高です
発話しながら理解する
良い教材ですね~~

Sakasayoさん、ほんとですね、英語は前から前から訳してねって言ってて、このofのところだけ後ろからっていうのが...
「9、ハートのね」「メンバー、テニスクラブのね」「ドア、その家のね」みたいな感じに訳してくれればいいんですけどね。

ま、だけどずっと前からそう言ってたよね、ってのが一番良いかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rowboat ゲーム、 ofの使い方がわかるゲーム:

« 今だ!食べろー! | トップページ | 夢のような2週間が過ぎ。。。 »