« Tempo Tempo 中学2年生のlook like+名詞に | トップページ | I can ! »

2015年4月 7日 (火)

SVOCも練習できるゲーム Drecksau

Dsc00950
久々に笑えるゲームに出会いました!
ゲーム中、発話できるセンテンスが7種類もあります。

今日はお友達がお休みで、プライベートレッスンになってしまった、
小4のSちゃんにお相手いただき、
ご意見を聞きながらやってみました。

まだ誰ともやってないゲームの意見を聞かせてと言うと、
子どもたちはすごく喜んでくれます。
頼りにされてる!って思ってくれるんですねえ。

目的はいかに自分の豚を汚く保ち、
他の人のじゃまをするかーです。

Dsc00946
どろんこカードを置いて、
I made my pig dirty.

Dsc00947
雨が降っても、豚がきれいにならないように、
I built a house.

Dsc00948
他の人がやって来て、自分の豚を洗えないように、
I locked the door.

Dsc00949
落雷があっても小屋が壊れないように
I built a lightning rod.
「lightning rod、学校にも立ってる」とのこと。

これで完璧な汚い豚の出来上がりで、ポイントとなります!

Dsc00951
攻撃カードとして、
I washed your pig!

Dsc00942
天災の攻撃カードとして、
It started raining!
A lightning hit the house!

がありますが、雨カードは小屋が建ってなければ、
全員の豚がきれいになってしまいます。

だんだんセンテンスに慣れて、もっと面白くなってきて、
気がついたら1時間経ってしまったんですが、
1人勝者が出てすぐやめると、10分以内でも終われます。

初めてのプレイという事で、
barnはhouseにしといて欲しいというリクエストでした。
houseは人間が住むところ、

barnにするにしても、そもそも豚はここbarnに住んでおらず、
pig styだそう。(子豚のベイブはbarnに住んでたよね?)

私はlock the doorを使いましたが、
この絵にふさわしいのはboard upだそうです。

lightning rodもほんとうはinstall ~の方が良いでしょうね。


ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

« Tempo Tempo 中学2年生のlook like+名詞に | トップページ | I can ! »

コメント

心情的にはブタさんをきれいにしたくなっちゃいますね
汚れを落とさないようにするのも着眼点が面白いけど、きれいになっちゃう方法がまた楽しいですね〜

Sakasayoさーん、いつもありがとうございます。
このゲームのルール、なんか応用できないか?と思うほど、とっても面白いです。
7つもセンテンスがあるので、まだ読みながらやってる子がほとんどですが、
だんだんヘルプを減らせたら良いなと思います。

おや Yukoさん、これまたYukoさんが好きそうなゲーム!
ぶたさんは 泥んこになった方がいいんですね?

わたしは 能力が追い付かず、ちょっとお料理しづらいんですが、
大人の方のレッスンなど こういうゲームでやりとりすると
楽しくて覚えるでしょうね~。

いっそのこと将来は 「英語でゲームカフェ」はどうでしょうかね?

Tamirinさん、このゲームに似たヤツで泥ボール投げバージョンもあるらしいですよ。
ところでミープルさんで他のお客さんに会いませんでしたが、どんな客層なんだろうなあって。。
そうそう、童さんがカフェもオープンしたら、私たち、しょっちゅう行きますね、笑。

先日は、拙ブログへのコメントありがとうございます!

>この絵にふさわしいのはboard upだそうです。

そうなんですね!
農場のことは分からないので、勉強になりました。

豪州サンディさん、こんにちはー、来てくださったのですねえ?かわいい猫ちゃんにつられて、
遊びに行かせていただきましたー。ほんとですよね、農場の事はよくわからないー。board upはエイリアンとか、ゾンビの襲撃に供えて、必須フレーズとして覚えておいた方が良いですよね、笑。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SVOCも練習できるゲーム Drecksau:

« Tempo Tempo 中学2年生のlook like+名詞に | トップページ | I can ! »