« 中学1年生、3学期期末試験 | トップページ | Very Easy True Stories 小2と小5 »

2015年3月 7日 (土)

be+過去分詞 ドイツゲーム、バルーンバルーン

Dsc00912
ドイツゲームにハマりはじめた頃からお店で見ていたゲーム、買っちゃいました。
この系統ゲームは「アミーゴの小箱」と呼ばれるそうで、
なんか自分も通になってきました、笑。

Dsc00913

色んな理由で風船がこわれたり、なくなったりするんですが、
猫が爪立てたとか、鉛筆がささったとか、子どもに言わせるか?と思うと、
「どうだろー?」と思っていたのです。

でも最近になってふと気づきがあり、
そうか、「こわれた」「なくなった」でひとくくりにすればいいんだと!
Dsc00916

be+過去分詞にしてみましょうか。
My ballon is popped.
My ballon is gone.がなんとか適当な線だと思うのですが、

中学や、英検もあるし、少しでもソレ系の単語という場合は、
My ballon is broken.
My balloon is lost.なんかでも、まーまーいーか。

一応、brokenはなんか機械系が壊れる感じがあったり、
is lostというのも、動物ならいいけど、
風船には適切じゃない、つっこみが来そうな感もあります。
んが、それも覚悟で導入しましょう。

ベストは
My ballon is popped.
I lost my ballon.です。

Dsc00917
そして、女の人カードは、これ、お母さんです。
My mother helped me.
My mother gave me a new balloon.がいいかな、

なんかね、子どもたちがすごくイイ笑顔するんですよ、このカード出た時。
私も内心、えーそんなに?!って思うくらい、
お母さんって優しい、嬉しい存在なんですね。
妖精カードとかラッキーカードじゃなく、お母さんカードにしたって事で
このゲームの価値はぐんと上がっています。

ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


« 中学1年生、3学期期末試験 | トップページ | Very Easy True Stories 小2と小5 »

コメント

このゲーム、扱う人の裁量で、色々な使い方ができるんですね
こういうflexibleなゲーム、いいですねぇ
そして、色使いがなんとも鮮やかでステキです

Sakasayoさーん、雨ですねえ、今レッスンの合間ですか?
そうそう、英語を教える用の英語ゲームはどうしても「これを言え、読め」っていう固定されたものになっちゃうんですよね。だけど、ドイツゲーム、ヨーロッパゲームには文字が無いものが多く、何を言うかはレベルに合わせて好きなように変えられるんです。

このゲーム わたしも見ていました~。
たしかに おかあさんがいいですよね~。

 わたしも ゲームは
自分が言わせたいセンテンスをメインに考えちゃってます。

 なので いいな~と思うゲームも
じゃあ英語でなんていおう?になっちゃってますね~。
たぶん わたしの英語力かしら?

 ドイツゲームは ほんと色使いがきれいですよね~。

Tamirinさん、そうそう、あの時一緒に見ましたよねえ、童さんで。
これやってて面白かったのは、My mother gave me a new balloonを、My new mother gave me..
って言っちゃうんですよ。ほんで、「あれ?My new mother?お父さん再婚しちゃってるしー!」って大笑いになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: be+過去分詞 ドイツゲーム、バルーンバルーン:

« 中学1年生、3学期期末試験 | トップページ | Very Easy True Stories 小2と小5 »