« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月24日 (火)

story sequence 短いお話し

Dsc00900
以前からStory sequencing cardをゲームとして導入したいと思っていたのですが、
あきらめました。買って来て、ホイと子どもに差し出すにはあまりに難しく、
私の至らないところだと思います。
5年生だと、できる様子ですが、なんとかこれを3年生くらいに
引き下げられたらなあといつも思っていました。

Dsc00902
ゲームにする事をあきらめたら、迷う事無く、後はワークシートで浅い階段をたくさん作る方式ですよね。

Dsc00903
宿題に出せるくらいになるといいのですが、今の所はレッスン内で私の監視が無いと、ちょっとむずかしいんだな、これが。

ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2015年2月21日 (土)

3人称sとか練習できるドミノ

Dsc00892
15年以上前に、アメリカに帰った先生から受け継いだ教材です。
きっともともとはcopyableブックから作られたカードだと思うのですが、
もし本の名前知っておられる先生あったら是非教えてください。

Dsc00891
ドミノゲームですよね。このカードの左半分はgets upになっているので、次に出せるカードは
heやsheやit、まあ絵が男の子なんでheでしょね。

Dsc00890
右半分は字でtheyとなっているので、s付き動詞じゃだめ、ということで
go to the libraryの絵にしてみました。

このカードゲームをもらった時は、まだ教え方もよくわからなかった時で、
だれが使えるの?中学生か?と思っていたのですが、
今なら小学3年生にも使えてるんで、
自分の教え方もちょっとは進歩してるんだなあとホッとしました。
亀の歩みでも前進しないよりはマシですね。


ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


2015年2月19日 (木)

動詞の未来と過去を同時に、ドイツゲーム  オイ、それは俺の魚だ!

Dsc00883
去年の夏から目をつけていたけど、なかなか手に入らなかったドイツゲームです。

タイルに1匹から3匹の魚が描いてあります。
魚がたくさん取れた人が勝ちます。


Dsc00884
このゲームのすごく良いところは、
タイルに乗る時には、魚はまだ取れないんです。

タイルに乗せる時の発話は
I will catch 2 fish!や、
I am going to catch 2 fish! となりますね。


Dsc00886
じゃ、いつ取れるのかというと、次のタイルに移動する時、
今まで自分が乗っていたタイルの魚が取れるのです。
この時にI caught 2 fish!

初めはI will caughtとか、fish 3とか、色んな言い間違いをしますが、
ゲームが進むにつれ、乗せながらI caughtと言いかけて、あ、ちがう、となり、
自分の動作と発話がちがっていて、気がつくようになります。
終わるころには、リズム良く、間違えず言えるようになります。

8歳以上となっているのは、たぶん自分が乗っていたタイルを
覚えてられないのかな?と思います。

Dsc00881_2
小2から中学生まで発話以外はみんなヤケに真剣になります。
ゲーム時間15分程度。タイル60枚なので、2人でプレイした場合、
1人当たり未来形、過去形それぞれ30回、計60回の発話練習になります。

ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2015年2月17日 (火)

がのにものゲーム

Dsc00869
探し物をしていたら、棚の奥から。。。
あれー、なんでこんなん作ったんやろ?

こんな時、ブログに上げておけば良かったて思いますね。
えっと確かこれは。。。

Dsc00870
ダイスをふって、出たのと同じラインを出していくやつだった。
I my me mineてな感じで。
中1の3学期中間で出るコレ、やった!
この嬉しさは家の中で自分のお金を見つけた時に似ている。

①1人4、5枚手札として持ち、
②カードを山にして伏せます。
③ダイスをふって出た代名詞と同じラインのカードがあれば、順番に出していきます。
④出せない人は山から1枚カードを引いて、ダイスを振り、出せれば出し、出せなければ次の人へ。
 (カードを引いた時点で出せるなら、ダイスはふらなくてもよい)
⑤カード山が無くなったら終わり。一番手持ちカードが少ない人が勝ちとなります。

シンプルですけど、中学生はこういうタンタンとしたゲームが好き。
蛾の煮物の表が全部書けるかどうか、ご確認ください。
やらなかったら、This is he bag.ってやりますよ、笑。
そんなまさかーって思うんですけど、テストは魔物です。

そういえば、蛾の煮物の室内貼り、毎週、何げに見てほしいから、
ディスプレイしてるんですが、テストとか、書く時には、壁を見ないでほしいですよね。
2年くらい前からこうしています。
Dsc00875


古くなったホワイトボードの金属面をハサミで切り、ブルタックを使って壁に貼っています。
Dsc00877


そこへ、字を書いたマグネットをカチカチ、取り付け、取り外し、簡単です。
Dsc00876


ホームページはこちらです→http://englishtreekyoto.jimdo.com
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2015年2月 4日 (水)

比較級が楽しく練習できる、ドイツゲーム

Dsc00840

なんか自作できるんじゃないかと、しばらく買うのを躊躇したのですが、
やっぱり既製品の良さってものがありますよね、美しい!
中2でやっと出てくる比較級ですが、ちっちゃい子でも楽々できますよ。

他の先生から聞いた話しー小5から英語に来てくれて1年経った子の、
お母様が「英語上達してないし、英語、学校変えよか?」って言われたそうで。。。

私の事じゃないんで言うべきじゃないかも知れませんが、
あのー、高学年から来て、1年でめっちゃできるようになるんだったら、
低学年から来てる子の、何年もの努力を何と思われてるのかなと。。。

お、そうだそうだ、このゲーム、
Dsc00841
こんな中身になってまして、
前出のカードと比べて次のカードがどうかを予測するゲームです。
I think it is taller than the tiger. 
I think it is shorter than the tiger.って感じで。。。
ちっちゃいチップが3枚集まったら、大きいイエローチップと交換して、
カードの風船に置く事ができます。

3人以上でプレイする場合ですが、前出と同じカードが出るって事があるんですよ。
I think they are the same!と一番早く言えた子が、もし同じだった場合に、チップを
ゲットする事ができます。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

2015年2月 3日 (火)

くじ引き期間、始まるよー

よっしゃー!!キターッ!!
子供たちからそんな声があがる、
くじ引き期間が、またまたやってまいりました。

Dsc00852

最近、手作りワークシートが充実しています。
レッスン中にもワークブックやワークシートはしていますが、なるべく
口や耳や目を使う時間が多い方が子供たちもイキイキでき、時間もあっと言う間に過ぎます。

私が見守ってなくても大丈夫なプリントを渡しています。
ホームワークとしてやってきたら、くじ引きできます。

Dsc00850

オレ、絶対、スマホ取る!
ーうんうん、取って取ってー!!
みんなスマホ狙いですけど、笑。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »