« TIGERのカードゲーム | トップページ | Hollandからの出国 »

2013年5月10日 (金)

こどもにやさしい神経衰弱(マッチングゲーム)

ふと気がつくと最近マッチングゲームをやっていなかった。
英語のレッスンでの神経衰弱はカードの英語も難しいし、
カードの場所も覚えていないといけないし、なかなか難しいものです。
そんな、こどもが嫌がるから、難しいから、と
マッチングゲームから足が遠のいていた先生やお母様に、
こんなのいかがでしょうか?
(生徒2人の設定で説明させてくださいね。)

Dsc00485
まずAちゃんが一番初めだけ2枚めくります。
再びカードを伏せる事はしません。
Dsc00486
Bちゃんは1枚だけめくります。
するとさっきAちゃんが開けたカードの1枚とマッチングしています。
なので、これはBちゃんがもらえます。
Dsc00487
Aちゃんが開けるとこれはマッチしていませんでした、残念。
てな感じで、これを続けると、やっぱり後攻が有利ではあるんですが、
先攻が勝つ場合もあります。後攻が有利をふまえて、2回戦することを
初めに宣言しておきましょう。
(2枚カードをめくるのは、一番初めと、場に開いているカードが無い時だけです)

普通のマッチングゲームほどリピートのチャンスはありませんが、
生徒がマッチングゲームを嫌がったり、ちょっとカードの内容が難しいとか、
新しく導入したばかりの単語などの時にいかがでしょうか?

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

« TIGERのカードゲーム | トップページ | Hollandからの出国 »

コメント

すばらしぃぃぃぃぃ
ぜひ真似させてください

おお!みずすずき、お久しぶりです。みずすずきは1レッスンの生徒さんの人数多いですから、
これが役に立つかどうか、すみません。。。最近は幼稚園の出張もされてましたねえ。
後でみずすずきのブログにも遊びに行きますね〜。

お~!

 これは あの海賊めくりを 優し~くしたようなマッチング!
なるほど なるほどですね。

 ちょっと確認!
え~っと 3枚目の写真のあと、さらに次の人は
1枚だけめくっていくんですね?
それで そうしていって 2枚そろったら その子がもらえて
結局 1まいづつめくればいいんですね?

 ていねいに 単語やカードを言わせたい時には
これ、大きい子もできそうですよね~。
たとえば フォニックスのようなカードで。
今 Yukoさんからいただいたあのカードを
つかってますので 次回やってみたいと思います。

 たいてい マッチングの時には
ゲームが先行して 開いたカードがなんだったか
わからないうちに みんな閉じたりして
雑になりがちですから~。

 いいことおしえてくださってありがとさんです~!

 ところで・・・みずすずきさん、げんきですか?げんきですね~!(>▽<;;

確かにこれなら時短になりますよね
アタマいい!!
参考にさせてくださいね

Tamirinさん、あの海賊の宝探しゲームですね?カードが開きっぱなしになるところが似てましたかね?私買わなかったんで忘れちゃいましたが、あれ面白かった!夏が楽しみですねえ。
ルールは、そうなんです、2枚開けるのは、場にオープンしたカードが無くなった時と、一番初めだけで。。。
後は1枚づつめくるんです。神経衰弱ほど繰り返しに効率のよいゲームはないと思うのですが、Hi-Byeの会話カードのペアとかでやるとキッツイんですよねえ、ほんで負けてくるとみんな機嫌悪くなって、言いやしないし(笑)!

Sakasayoさんに褒められちゃった!(興奮、今晩寝れない〜)
ほんとですか?!記事をアップした後に、つまんないネタあげちゃったかな〜、消しとこかな〜、
だれも見ないうちに〜、と思っていたのですが、残しといてよかった!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもにやさしい神経衰弱(マッチングゲーム):

« TIGERのカードゲーム | トップページ | Hollandからの出国 »