« 教室の年間行事 | トップページ | 受験にまつわること: 周りの人は敵か味方か:その1 »

2010年2月25日 (木)

あっちっちっていえる?The hotの3品目(松香フォニックス)

Dsc00013 私の教室では2歳さんから使っています。でも小学生以上でも使える要素があって、大変驚きましたので書かせていただきます。松香フォニックスからの出版です。

以前、大阪の英会話学校で講師だった時も、1〜3歳のベイビークラスでIt's big! It's small!などの導入はありました。でも、この本はIt's ~~.だけで終わっていないのです。 この「あっちっちThe hot」のユニット1では、こんな場合’It's hot!’って言うだろなと思える4つのシチュエーションが紹介されていて、It's hot.と共に使ったり、It's hot.に応答する言葉がとても自然で無理がなく、周到に考えられています。 Dsc00014 1熱いものに触れてしまう場面では、It's hot! Don't touch it. 2熱いものを飲む時にはIt's hot! Please, wait. Dsc000152 3辛いものを食べる時にはIt's hot! Don't eat it. 4熱い日にはIt's hot! Ice cream,please!となっています。

例えば、小学生にIt's hot!って言う時はどんな時?と聞くと、「天気が暑い」「自分が暑い」「ストーブが熱い」等答えてくれました。このシリーズでは、子供たちが思いつかなかった、「食べ物が辛い」も入っていました。「あっ、そうか!忘れてた!」「え?辛いもhotなん?」と、子供たち。 それだけでなく、絵もつっこみどころ満載で、hotの意味がわかってなくて、熱いものを触ったり食べたりする牛さんを心配したり、笑ったりできますし、辛いものを食べて口から火を吹いているお父さんをまったく無視しているお母さんなど、面白い構成になっています。

構成といえば、このDVDですが、これが一番驚いたかも知れません。テキストを見て、まず私が考えたのは、じゃあ今日は1と2を導入しようと思ったのです。ところが、DVDには1〜4の切れ目がない!のです。しかもソングの合間に、シ〜ンとした、1つ1つの単語の繰り返し、iron, stove...etc.なども入ってしまっているではありませんか! 「あかん!なにするねん、松香フォニックス!」「4つ、イッキにせーってか!?」「せっかくのソングが単語の繰り返しでだれるにきまっとるやロー!」と、思わずキレてしまった私でしたが、そんな心配をよそに、子供たちは毎回、ユニット1(1〜4)をまるごと見て、ケラケラ笑い、引き続きユニット2まで見たがるのでした。
松香フォニックスの出版には、良いものが他にもたくさんあります。

« 教室の年間行事 | トップページ | 受験にまつわること: 周りの人は敵か味方か:その1 »

コメント

ストライピーまだまだ元気そうですね(^^)
カタツムリ(ギャリエちゃん)を買いだしたとは驚きでした(笑
ゆうこ先生・ラニー先生もストライピーやギャリエちゃんに負けず元気でいて下さいネ
又、顔をだそうかなぁぁぁぁぁぁぁ
なんちゃってっっっ(笑

私もブログ作ろうと思っているので・・・・
また、作れたらお知らせしまぁス(^^)
待ってて下さい
                 

                      でわまた今度。。。あやかより(元生徒)

お〜、あやか〜!久しぶり〜、元気?コメントくれたのね〜、蝶うれしいですっ。うん、ストライピも元気よ〜。ギャリエは、もらったレタスについていたんやけど。なんとなくストライピと似ていてね(柄とか、しぐさとか。。)かわいいよ〜。あやかのブログ〜ゥ?大人っぽ〜い。え?なに、みんなそんなことするお年頃なわけ?まいったなー。できたら、絶対絶対教えてヨ!楽しみにしてるね。レッスン関係なくてもいいから、またパーティおいでよ、連絡するね。もう、ブログ作ってほんとによかったなって、今思ったよ(泣)。

この本にはかなり興味がわきました。

そうそう!英語って1つの単語にいろんな意味があるんでね
いや~すごいです。
さすがですね 先生。

こんにちは、Barclayさん。さすがじゃないんですよ、ほんと教材を買う時って一か八かですよね。これだめじゃん!っていうのも、数多く買ってしまいました、今までに(泣)。でも、これがどういいかを伝えたいっていう欲はありますよね、こども英語の先生はみんなね〜。自分は苦労しても他の先生が助かったとか、この手があったか、とか言ってもらえると、ほんとよかったって思いますよね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教室の年間行事 | トップページ | 受験にまつわること: 周りの人は敵か味方か:その1 »